| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オートサービスショー2015にて見たもの

昨日、本日とビッグサイトで行われているオートサービスショー2015に行ってきました。
(開催期間は明日までです。)

昨日も今日も、それなりの人出ではありましたが、やはり何十年も前の展示会と比べるとさみしく感じられるのは歳をとったせいでしょうか…。

それでも、業界の色々な方々とお会いできたり、お話しできたことはとても良かったです。


ところで、今回の展示会で、数年前には夢の世界の話だったようなことが、実際に現実のものとなっていることに気づかされました。

それらをちょっと紹介したいと思います。


個人的に、最もインパクトがあったのはBOSCH社のAR技術のショーケースでした。
(ARとはAugmented Realityの略で、日本語では拡張現実、と言うそうです。)

何を見せていたかというと、iPadを車のダッシュパネルに向けると、その画面に映ったダッシュパネルの画像に配線やカプラーの絵が重なって見えるようになっている映像です。

車内には、実際にiPadを持った人がいて、その人がiPadを動かすと映像も動き、それに合わせて配線などの映像も動くというデモでした。
また、画像の中のカーナビをタッチすると、その部品が画像の中で浮き上がり、その裏側や、コネクターの位置、種類などが確認できるようになっていました。

これがあれば、誰が作業をしても失敗を最小限に抑え、作業時間の短縮も可能なんだろうなぁと感心してしまいました。
また、ゆくゆくは技術レベルの未熟な人でも、十分に作業ができるようになる、魔法の杖のようなものになるのかと期待も膨らみました。

(YouTubeにて、デモと同じような内容の動画がありましたので、興味がある方はどうぞ…
http://youtu.be/UHMT_Ysih5Y 20秒経過したあたりから、車の映像を見ることができます。)

ただ、残念ながらあくまでもショーケースであり、発売は予定にないそうです。

海外では、UKだけでは限定して販売されているようですが、営業の方に伺った話では、あくまでも自動車メーカーさんへの提供に限られ、一般の工場に提供することはないでしょうとのこと。

ちょっと残念です。

ただ、いずれこのようなツールが出て来る可能性はあるのではないかとおもいました。


さてと、長くなったので今日はここまで。また今度続きを書こうと思います。
スポンサーサイト

| @ 勉強しています | 18時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリウスの修正研修を終えて

先週末の19日土曜日、当社研修所にてプリウスの前回り事故車両の修正研修を行いました。

ただの修正研修ならば、いつも行っていることと違いはないのですが、今回の修理車両はかなりの損傷で、予定通りに終了するか、ちょっと不安でした。

というのも、フレームが両方ともぽっきり折れていて、特に左側の損傷は本当に修復できるのかと不安になるような折れ方でした。

こちらが、その作業前の写真です。
プリウス 前回り事故 損傷状態正面

それぞれのフレームの状態は次の写真の通りです。
プリウス 前回り事故 損傷状態左フレーム
プリウス 前回り事故 損傷状態右フレーム

なお、今回の研修でもいつもと同じようにフレームの交換はしませんでした。

≫ 続きを読む

| @ 勉強しています | 16時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超高張力鋼板に対応する半自動溶接ワイヤーをテストしました

最近の車、高張力鋼板は当たり前で、
超高張力鋼板の部位も多くなってきていませんか?

新型プリウスとか、ウィッシュなんか、
取り替えるケースの多いロッカーパネルが
980Mpaの超高張力鋼板なんですよね!

ちなみに、一般的には・・・
 ・高張力鋼板:340Mpa~590Mpa位までの引張強度を持つ鋼板
 ・超高張力鋼板:780Mpaを超える引張強度を持つ鋼板
と、言われています。(自研センターでは780~超高張力扱)
文献等によっては、980Mpa~超高張力鋼板と呼ばれています。

当然の話ですが、
超高張力鋼板の部位を半自動溶接機で溶接する場合、
軟鋼用のワイヤーを使うのは問題あり!と思います。

というのも一般的なスチールワイヤーでは最大でも
490Mpa(メガパスカル)しか強度がないからです。

超高張力鋼板は780~980Mpa以上の鋼板。

490Mpaが最大強度のワイヤーでは、
万が一の際、溶接した部分からボッキリ折れ、
バッカリ裂け、中の人は・・・・・・怖いですね。

今回テストした、
超高張力鋼板用の半自動溶接ワイヤー、EC300は
何と溶接直後で890Mpa、その後に1100Mpaまで
強度が上がるそうです。

また、一般の溶接ワイヤーですと、
溶接部分に焼きが入って脆くなったりして
クラック(亀裂)が入る恐れがありますが、
この溶接ワイヤーはそんな事がないそうです。

ただ、今までの溶接ワイヤーとは違うため、
きちんと事前に条件出し&設定を行う必要はあります。

きちんと条件設定ができれば、
安定したビードで
安心して超高張力鋼板の溶接作業ができると思います。

EC300welding.jpg

ちなみに上記画像は、シールドガス等の性能を確かめる意味で
素手で作業しています。

確かにスパッタが飛びにくく、飛んでも熱くありませんでした。
でも、絶対マネはしないで下さいね。
と、いうとマネをする人がいて困るんですけど・・

お問い合わせは・・

 ****************************************
 <鈑金塗装の機械・材料・塗料・工具・副資材なら・・>
  株式会社ケンテックス
  営業スタッフ一同
  〒224-0043 神奈川県 横浜市 都筑区 折本町 354
  TEL: 045-474-0805 FAX: 045-474-0824


| @ 勉強しています | 13時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ATF(オートマチックフルード)取替の結果

昨日、約15万キロ走行した
ハイラックスサーフのATF取替」について
ブログに載せましたが、その結果をお知らせします。

<著しく変わったところ>
  ・信号待ち時などに時々発生していた、
   原因不明の変速ショックのような現象が無くなった。
  ・アイドリング時のエンジン音(トルコン作動音?)が
   静かになった。(これが一番の驚き!)

<その他>
  ・加速性などは「体感的に僅か良くなったかな?」と
   思う程度。著しく変わったとは断言できない。
  ・燃費等については、今後気にして測ってみる。

このハイラックスサーフは、
約4万キロ時に「ATFを取り替えた」との事ですが、
その後11万キロ走った事を物語るように、
オイルの色は結構、黒くなっていました。

 uvs090525-006_convert_20090526092416.jpg
※ちょっと分かりにくいかも知れませんが、
  注射器みたいな容器の上半分が新油、
  下半分が取り替える前の車両側のATFです。

ドロドロの血液が「サラサラになる」のと同じようにATF取替、
実際にやってみる価値は充分にありそうです。

オートマチックオイルって取り換えた方がいいの?って聞かれたら・・
使っているATFチェンジャー(機械)によりますが、
やってみる価値はあると思いますよ・・と答えたいと思います。

 ****************************************
 <鈑金塗装の機械・材料・塗料・工具・副資材なら・・>
  株式会社ケンテックス
  営業スタッフ一同
  〒224-0043 神奈川県 横浜市 都筑区 折本町 354
  TEL: 045-474-0805 FAX: 045-474-0824

 

| @ 勉強しています | 09時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これなら安心!収益アップが期待できるかも!

本日夕方、従来の方式とは違う「ATFチェンジャー※」をデモして貰い、
約15万キロ走行したハイラックスサーフのATFを交換してみました。

  ※ATFチェンジャーとは、
   オートマチックフルード(A/Tオイル)の交換機です。

これならA/Tを壊す事なく、お客様に安心して車を使って頂けますし、
もしかすると多少なりとも、燃費が改善されるかもしれません。
そうすれば、お財布にも環境にもきっと優しいはずです。

パンフレットにもこう書いてありました。
atfx_convert_20090525211306.jpg
工場にとっても、
月1回のお客様ゲットでトントン、月2回以上なら黒字・・
操作もとても簡単なので、
「BP工場でも充分収益になる!」と感じました。

従来のチェンジャーの多くは、レベルゲージの所からオイル交換するために、以下の様な「恐ろしいスラッジ(塊)」をA/T内部に回してしまい、
 uvs090525-011_convert_20090525211637.jpg
それが原因でたくさんのA/Tが壊れてきました。

5万キロ以上走ったクルマの初回ATF取替を
やらない工場が最近多いのはその為です。

この機械なら、そういった心配は「いっさい無し!」だそうです。
なるほど、「百聞は一見にしかず!」見れば納得です。

詳しい内容等については、営業担当者までお尋ね下さい。
もちろん、本機のデモもお受けします。

 ****************************************
 <鈑金塗装の機械・材料・塗料・工具・副資材なら・・>
  株式会社ケンテックス
  営業スタッフ一同
  〒224-0043 神奈川県 横浜市 都筑区 折本町 354
  TEL: 045-474-0805 FAX: 045-474-0824

| @ 勉強しています | 21時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。