2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

塗装ブースなどの入れ替えについて

先日、横浜市内のディーラー様の集中工場の塗装ブースを
入れ替えさせていただきました。

それまで使用していた塗装ブースが故障してしまったため
止む無く工事をしなければならなくなってしまったのです。

工事も、既存ブースの解体から始まり、夏休みを挟み、
3週間近くもの間、作業ができない状態になってしまいました。

たまたま、弊社の研修施設があったため、お急ぎの仕事のうち
数台は弊社の塗装ブースで塗装作業を行っていただきましたが、
本来であれば何十台も修理が終わっていなければならないので、
工事を進めさせて頂く上で、順調に終わるのかと心配しました。

しかしながら、お客様のご協力や塗装ブースメーカーの技術者の
方々、その他の工事業者の方々の素晴らしい「仕事」により
期日どおりに工事が終わり、その心配は杞憂に終わりましたが…。


ところで、今回の入れ替え工事でも色々と大変だったのが、
行政、官庁への届出です。
これを読まれている皆さんは、全部の手続きしていますか?

塗装ブースの入れ替えの場合、必要な手続きは以下の様になります。

労働基準監督署へ、プッシュプル型換気装置の設置、乾燥設備の設置、
機械によっては局所排気装置の設置を届け出ることが必要です。
なお、その際は各種作業主任者資格を保持している方が在籍して
いなければなりません。

所轄の消防署へは、バーナーがついているブースに限りますが、
乾燥設備の設置を届け出ることになります。また、塗装ブースの
工事に伴い、少量危険物の届出も見直しをして、必要であれば
その届出も行わなければなりません。
ここについては、また後日改めて…。

また、騒音・振動規制法により、各市町村の公害・環境関連の
部署へ届出が必要になることもあります。その条件とは、

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| @ 安心の設備と材料 | 13時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。